管理者挨拶

三留 健太
管理者 兼 サービス提供責任者

 

恩に報いる仕事を通して

 

 マイホーム 訪問介護センター を開設するにあたり、私は東京都練馬区で訪問介護員として仕事を始めました。入社した事業所は24時間対応の訪問介護事業所の為、常勤職員は夜勤での就業が多く、夕方の16時頃から訪問が始まり、休憩時間もなく朝の9時頃まで訪問を続けました。訪問が終わった後は、フェイスシートの作成、勤務シフトの調整やケアマネージャーへの報告、サービス担当者会議に出席したりなど、退社時間がその日の夕方になることもありました。

今思うと苦しく厳しい職場環境だったかもしれませんが、周りの先輩職員にも恵まれ、真剣に仕事をやり通したことが、ヘルパーとしての大きな基礎になっています。

 

 私自身の介護の原点は母方の祖母にあります。

私は子供の頃おばあちゃん子で、癌で倒れ死の直前まで一緒の布団で寝ていたのを覚えています。

癌との闘病中には、子供たちが頻繁に介護に来ていました。「これはできないんだからやっておくね。」「とにかくベットに寝ててね。」など普段の姿を見ていない人から見れば、寝たきり生活のように思えていたのでしょう。

ある日、過剰すぎる介護を見て、中学生の私は、「こんなのおばあちゃんできるよ!」と強く言ったのを覚えています。

すると次の日の朝、起きてリビングに行くと、台所で味噌汁を作っているおばあちゃんがいました。

それはおばあちゃんが元気な頃、毎朝自分が見ていた光景でした。

その姿を見て、私は初めて人間の可能性、生きる希望を感じることができました。

それが私の介護の原点となり、今の利用者のアセスメントの原点となっています。

 

 私は訪問介護の仕事を通して、3つの恩に報いる仕事をしていきたいと思います。

1.人にとって一番大切な「生活」の手助けとなれる恩に報いること

2.三浦という生まれ育った地で、今までお世話になった方々への恩に報いること

3.人の手助けとなって、自分自身の心を大きく成長させてくれる感謝への恩に報いること

 

 介護という仕事を通して、誠実に人の助けとなれるよう利用者と向き合い、心を温かく通わせて行ける。こんなに素晴らしい、誇れる仕事は他にはないと思います。

これからもこの3つの恩に報いる仕事を、ここ三浦の地で送っていきたいと思います。